このさばキズシを食べられるチャンスはなかなかありません!

こだわり

ほんのり浅く〆ただけのはまとら自慢の「〆さば」

これにはまず「造りで食べられるほどの新鮮なさば」が必要の名は言うまでもありません。

今日使ったのは和歌山のブランド鯖

吉宗サバ

この素晴らしいさばを生酢ではなく、オリジナルの合わせ酢を使うことでつんつんせずマイルドな「きずし」仕上げているのです!

酢の味だけでなく、サバの旨味も脂もしっかりと味わうことができますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました